E2W2W22WW 日本ヴェーダーンタ・ソサイティ(ナーラーヤン内垣)公式サイト

トップページ >    2018.6.15 講話を追加しました。

アメリカ・レディングアシュラムの百日草畑にて 東京での講和

ナーラーヤン内垣(内垣日親)。神話学・宗教・哲学研究者であり詩人。 日本、インド、アメリカ等で文化交流・布教活動を行い、宗教に頼ることなく 宇宙的、科学的、芸術的、民主主義的な新しい人類救済の道を示した。



 2018年6月 月例祭のお知らせ



「新リグ・ヴェーダ ―神の笛―」
                    ナーラーヤン・内垣
きれいなバラが咲いている
蜂は六角形の中に入ってやすらう
六角形の世界それこそ統一への鍵形だ
我々は自己の扉を宇宙にあけるのは
愛や やさしさ その他の夜みせの品物らでは
あけられないのだ
やはり「鍵」をもたねばならなかったのだ
「鍵」は我々のハートの中にしまわれている
あなたのハートをあけて宇宙のあなたの家を
あけなさい
私が手をかしてあげよう
きっと その扉はあきます
あなたのハートがもしかたくさえなければ……
                    (1981.04.13.)より抜粋

本部の庭の鉢植のバラがきれいに咲いてきました。 バラの花を訪れるミツバチは幾何学の秘密を知っている生き物です。我々の先輩ですね。

さて、6月のお祭りを以下のように行います。皆さまの参加をお待ちしております。

・日時 2018年6月17日(
・時間 午後2時より
・場所 高槻本部にて


  今月の講話 2018年6月 

「詩の壁3」(6月15日更新)


「詩の壁2」(6月1日更新)


過去の講話(動画)は、メニュー覧の『今月の講話』からご覧ください。


  書籍『バガヴァッド・ギータ』についてのお知らせ

永らく皆さまにご愛読いただきました書籍『バガヴァッド・ギータ』プラバヴァーナンダ、 クリストファー・イシャウッド共著 熊澤教眞訳ですが、 この度ヴェーダーンタ文庫版は完売となりました。皆さま有難うございました。
同じ翻訳者による改訂版が『新日本文芸協会』様から出版されておりますので、 今後はそちらからお求めいただきますようお願いいたします。