トップページ >    2018.11.1 講話を追加しました。

アメリカ・レディングアシュラムの百日草畑にて 東京での講和

ナーラーヤン内垣(内垣日親)。神話学・宗教・哲学研究者であり詩人。 日本、インド、アメリカ等で文化交流・布教活動を行い、宗教に頼ることなく 宇宙的、科学的、芸術的、民主主義的な新しい人類救済の道を示した。



 2018年11月 月例会のお知らせ

本部の庭の木々が赤や黄色に彩られ、掃き掃除に余念のない時期になってきました。 晩秋のこの季節は虫の音が止まり、厄介な蚊の襲撃もめっきり減って、この庭という空間が突然に本来もっていたであろう静寂さを取り戻し、 神話的なバイブレーションが溢れかえってくるのが感じられます。 庭の中央にどっかと起立するイチョウの大木はその神話のバイブレーションを祝福するように、勝利の印の黄金色でソサイティの地を、 建物を、たぐいまれなる詩と神話の教えを讃えんがために、毎年欠かすことなく金色の涙をふりまきながら荘厳するのです。

さて、今月も以下のように例会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

・日時 2018年11月18日(
・時間 午後2時より
・場所 高槻本部にて


  今月の講話 2018年11月 

「光速瞑想の基礎、存在生命論を学ぶ」(10月31日更新)


過去の講話(動画)は、メニュー覧の『今月の講話』からご覧ください。


  書籍『バガヴァッド・ギータ』についてのお知らせ

永らく皆さまにご愛読いただきました書籍『バガヴァッド・ギータ』プラバヴァーナンダ、 クリストファー・イシャウッド共著 熊澤教眞訳ですが、 この度ヴェーダーンタ文庫版は完売となりました。皆さま有難うございました。
同じ翻訳者による改訂版が『新日本文芸協会』様から出版されておりますので、 今後はそちらからお求めいただきますようお願いいたします。