トップページ >    2018.4.15 講話を追加しました。

アメリカ・レディングアシュラムの百日草畑にて 東京での講和

ナーラーヤン内垣(内垣日親)。神話学・宗教・哲学研究者であり詩人。 日本、インド、アメリカ等で文化交流・布教活動を行い、宗教に頼ることなく 宇宙的、科学的、芸術的、民主主義的な新しい人類救済の道を示した。



 2018年4月 月例祭のお知らせ

「歓喜する宇宙の花」
                        ナーラーヤン・内垣
歓喜の涙で出来た花々
宇宙一ぱいに それがひろがっている
あの人も あれも これも
この人も あれも これも
すべて 「涙」のふるえだ
幻なるものは どこにもなく
開花の実在のみが そこにある
歓喜の涙の スプリングだ
春の衣 透き通るベール
春姫が行く 春姫が
足首の鈴の音が聞こえるよ
鈴の音が風にのって
降り止まぬ桜の花の歓喜の涙が、それを見る
人の心をとかしてゆきます。

さて、4月のお祭りを以下のように行います。
皆さまの参加をお待ちしております。

・日時 2018年4月15日(
・時間 午後2時より
・場所 高槻本部にて


  今月の講話 2018年4月 

「スピードを持て2」(4月15日更新)


「スピードを持て1」(4月1日更新)


過去の講話(動画)は、メニュー覧の『今月の講話』からご覧ください。


  書籍『バガヴァッド・ギータ』についてのお知らせ

永らく皆さまにご愛読いただきました書籍『バガヴァッド・ギータ』プラバヴァーナンダ、 クリストファー・イシャウッド共著 熊澤教眞訳ですが、 この度ヴェーダーンタ文庫版は完売となりました。皆さま有難うございました。
同じ翻訳者による改訂版が『新日本文芸協会』様から出版されておりますので、 今後はそちらからお求めいただきますようお願いいたします。