トップページ >

アメリカ・メディアに掲載された広告文

'The Enigmatic Voice of God':
Author Recounts Extraordinary Experiences,
Revelations from a Higher Power

PALO CEDRO, Calif., March 19 /PRNewswire/ -- At the young age of 25, Dr. Rev. Narayan Uchigaki began to seek the salvation of humanity by immersing himself in religious training, philosophy and science. After all of his studies, Rev. Uchigaki came to a very crucial realization: The actualization of Myth held the key to the salvation of humanity.

 Rev. Uchigaki explores this realization in his revealing and thought-provoking new book, "The Enigmatic Voice of God: A Research on Myth" (published by AuthorHouse -- http://www.authorhouse.com/).

 "The Enigmatic Voice of God" shares Rev. Uchigaki's own extraordinary experiences and revelations from God, including phenomenal accounts of hearing God's voice and comprehensive looks at trends of behavior in society that threaten a barbaric future unless reversed:

 Mankind gets too busy with their own lives, and tends to forget its connection with things of this universe, and their minds are far away from "the Chain of Being." Ancient men lived their lives together with the universe. Contemporary culture has rejected the idea of the chain of being. It has isolated itself with the anthropocentric rational intellect.

 In searching for a solution to this societal problem, Rev. Uchigaki has examined the major philosophies of the world in-depth. His studies have led him to dedicate a large portion of the book to making the argument for returning to myth and poetry. Rev. Uchigaki uses the terms "myth" and "poetry" to mean much more than just mere stories of mythology and collections of poems. His myth includes "a peaceful state of mind based on transparent explanations of that which is otherwise not explained," while his poetry includes harmony, including a harmony with nature.

 "Myth and poetry have a place in both science and philosophy," Rev. Uchigaki points out. "If society were to adopt both, we could avoid a barbaric future and live in harmony."

Born in Japan to Shinto ministers, Uchigaki began his career as a Shinto and Hindu minister at an early age. By his early 30s he had published a trilogy which was presented to the emperor of Japan. At age 33 he founded the Nippon Vedanta Society, becoming the first minister in Japan to establish a Hindu religious co-operative. He went on to found six cultural exchange centers in India and an orphanage in Bangladesh to accommodate war orphans and their mothers. Upon receiving a heavenly revelation, he came to the U.S. in 1975 and later founded an American chapter of the society. He has received much recognition for his contributions to philosophy and religion, including the prestigious Japan Culture Promotion Association Social-Cultural Award in 1995.


上記の宣伝文の概要

ナーラーヤン内垣師は、25歳の時より宗教的な修行に、哲学や科学の研究に身を投じて、人類が助かる道を探し始めました。
その研究の結果内垣師はついにとても決定的なことを発見しました。
それは「神話の実現」が、人類救済の鍵となるということでした。
内垣師はこの発見を深く究明し、とても示唆に富んだ新しい本―「神秘なる神の声」:神話研究―のなかで明らかにしました。 (アーサーハウス出版社より出版)

その本の中で、内垣師は自分自身のたぐいまれな体験と、現実に神の声を聞いたという顕著な内容も含めた神からの啓示を そして今の社会のあり方を方向転換しないと荒れすさんだ未来になってしまうということを大きな視野から示しています。

現代人は、自分達の生活で忙しすぎて、宇宙の森羅万象とのつながりを忘れがちです。
そして我々の心は、宇宙の生命の連鎖から遠くかけ離れてしまっています。

太古の人々は宇宙と共に生きていました。
現代文明は生命の連鎖ということを無視してきました。
人間中心的な知的合理主義で、宇宙の中で孤立してしまいました。
この人類社会の問題を解決するために、内垣師は主要な哲学を注意深く探究しました。

彼の研究はその本の頁の大部分を詩と神話への回帰という主旨にさいています。 内垣師の言う“詩と神話”は単なる神話物語とか、いわゆる詩歌とはまったく違った意味を持っています。
彼の言う神話は「そうとしか言いようのないような“透明”に根ざした心の平和に満ちた状態」をさしています。
そして彼のいう“詩”には、自然との調和――元々からある調和という意味が含まれています。

神話と詩は科学であり哲学だと内垣師は指摘します。
もし社会がその両方をとりもどしたら、荒れすさんだ未来の到来ということにならず、宇宙と調和して生きることができるでしょう、と内垣師は語ります。

日本で神道の教会に、生まれた内垣師は、神道とヒンズー教の教師として まず出発しました。30歳の時、三冊続きの本を出版し、その本は日本の天皇に献上されました。

33歳で日本ヴェーダーンタソサイティを設立し、日本での最初のヒンズー教の教師になりました。

そして日本だけでなく、インドに渡り、六つの文化交流センターを設立しました。
又バングラデシュでは戦争孤児と母親たちを収容する施設を設立しました。

天の啓示を受けて師は1975年にアメリカに来て、アメリカに支部を設立しました。

彼はこれまでに、哲学と宗教の貢献をたたえられたたくさんの表彰を受けています。
例えば1995年には日本文化振興会により 社会文化功労賞を授章しています。

神秘なる神の声」は内垣師の英語での二冊目の本です。
彼は「透明な真実」の著者でもあり、又日本では20冊以上の本が出版されています


英文書をご希望の方は、下記電話または、FAX、メールにてご連絡下さい。

TEL 072-695-1441
FAX 072-695-1441
メールアドレス nvedantas@gmail.com

金額は1冊2800円となります。