トップページ > エッセイタイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

救われる秘訣(2)


さて、1図でも2図でも、その道を通る者を悪魔が待ちうけている。
それに気付かず人は前進する。例えば、ここに一匹の猿がいた。
その猿は壷の中にある豆を取ろうとしている。

 

手をその壷の中につっこんで、豆をにぎるだけにぎって壷から手を抜こうとするが手がぬけない。
そんな事をしていると悪魔の餌食になってしまう。

この壷の豆を取ろうとすると取れない。
何故か?

それは取ろうとする自己、我があってはその豆(宝物、真実なるもの、真理)は取り出す事は出来ないのである。
即ち、世の求道はこのたぐいである。
という事は、求道をやめよ、求道をやめたら自然に自己の中から自然というものが出てくる。

ところがもう一つやっかいな問題がある。
それは感情である。
前述したのは知であり、今度は感情、これをどうするかである。
これをどう扱えば乱れがなくなるか・・・・・。
もし知も静まり、感情も静まってくれば万々歳である。
自然というものが自己の中から出て来やすくなる。
求道をやめるだけでも、あせり、みだれ、「我れ」が薄れ、内から自然が出てくる蓋が少し開いた。
そこへ感情の乱れるのをやっつけられたら、蓋が全部開いて自然が出て来て、まともな形相が現れてくる。