トップページ > エッセイタイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

救われる秘訣(6)


その分母となるものが「三宝」である。
この「三宝」は、科学者が「我」をなくし、「感性」を整えた人になると、超科学としてその宇宙の本質 「三宝」を見付けるであろう。
科学者でも「我」と「感性」をコントロールしなければ、目的物を手に入れる事が出来ないのである。
それで、「我」と「感情」を整えると同時に、詩人になる事、そして神話的な人になる事、 そうすると「三宝」が見つかるのである。

宇宙の根源は物質である。
現在の人の感覚、知性では、その物質の近くに住まう事は難しい。
しかし私の言う通りにすればそれは可能となる。
最近ある科学者で方程式を考え出した人がいるようだが、その人は分母を「永遠」とおいている。
そして分子を「猫」としている。
猫というのは仮の喩えではあるが、これは迷える人間の事であろうろと思われる。
この方程式は正しいけれども、分母がまだ十分ではない。
さて、この宇宙存在の方程式の分子を「まともな形相」と言ったが、これを更にくわしく言うと、 「点と線と角度の遊戯」である。

   点と線と角度の遊戯 (分子)
――――――――――――――――――
     三宝     (分母)

これが私のつくった宇宙存在の方程式である。
これがケーキを(人間を)仕上げてくれるオーブンである。