トップページ > エッセイタイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

KALPATARU(カルパタル)


カルパタルは『願かけの木』として知られている。

この木に願いをかけると、良いことも悪いことも区別することなく、みな叶えてくれるといわれている。
しかし、カルパタル自身には、ものごとを区別し判断するなどという気はもうとうないのである。
ただ、ものごとをすべてを「よし」として肯定するだけである。
そして、そのよしとする肯定の力によって、宇宙は存在しているのであろう。

「自由」とは、この肯定を知るところから始まるのではなかろうか。

 

 

*KARUPATARU…以前ヴェーダーンタ文庫で定期発行していた冊子のタイトル