トップページ > エッセイタイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

孔雀の詩的な心


うちの庭には孔雀が放し飼いになっています。その孔雀の一匹が、いつも東側の庭をうろついていて、 それが夕方になると、東側からこちらの西の方に来るのです。どうして夕方になると西の方に来るのかと私は考えていました。 そうすると分かった事があります。朝は、太陽があたる東の方に、夕方になると、孔雀が陽のあたる西の方に回ります。

ところがもう一つ見つけた事があります。ある日、お日さんが西へずーっと、段々に落ちていった時、そこにある大きい岩の上に、孔雀が飛び上がるのを見たのです。 そして西の空のお日さんが沈んでゆくのを、孔雀が静かに、じっと見ているのです。それを見て私はびっくりしました。とても詩的です。 孔雀にも、詩的な心があるのかなと感心しました。ところが、人間はそういう心を段々忘れてきています。孔雀が毎日のようにその岩の上に立って、じーっと長い間、 太陽が沈むのを見ている・・・。そして満足したら降りて、小屋のある方へ走るようにして帰っていく。・・・孔雀でも。詩的な感性があるのでしょうね。

もう一つ違う話をします。日本のある花屋さんの話です。その花屋さんは。世界中を回って日本にない花を買いつけて、それをたくさん増やして、高い金額で売ります。 そういう商売をしている人です。その人がある時、外国の高い山で、珍しい花を見つけようとしていました。 そしてやっと一軒の貧しい家の前で、見たことのないような珍しい花を見つけたのです。それでその民家の主人に、この花を売って欲しいと言いました。 ところがその主人は「これは私の花ではありません。娘の作っている花です。娘に聞いてみてください。」と言うのです。

そこでビジネスが始まりました。その日本人がその花の持ち主である娘さんに、高い高い金額で買いたいと申し出ました。その金額は、その地域の人達が一生食べていけるような金額でした。 ところがその娘さんは、その花をどうしても売らないと言うのです。「これは私の花です。」と言うのです。これは、お金には変えられないという事ですね。

きれいな話ですね。一つの花を大切にして、その花を大きくした。娘さんのきれいな心がそこに表れています。神話というものはそんなものです。優しいものです。 そこで、その日本のビジネスマンはそれに心をうたれ、自分の生き方の間違いを反省したというのです。彼は終いに、珍しい花を売るという商売を辞めたかもしれませんね。

今の人々は、そういう大切な心を失い、お金、お金、お金になりきっています。それに比べて、孔雀の心、山の上に住んでいる少女の心、これはすごく尊いと思います。 詩的に生きることを忘れてはいけませんね。