トップページ > エッセイタイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

まとめの宝物(2)


知識的な人は、宇宙真理を探して、求道はよいものだと思い込んでいるが、 それは救われようとしている「我」があるからだ……というそれに、気付いていない。
そして様々な救いの為の真理(自己流の結論を出している)が創り出され、 人はそれにひっかかって、真理を見つけよう、自己を見つけよう、 宇宙の根源は何であるかを見付けようとする。
・・・・すればする程、思考が続き、実をいうと迷いの世界を深めるばかりである。

そこで、その迷いの道から離れ、本当の自己の姿にかえる方法を教えよう。

A.求道をやめて、素朴な人間になる事。
B.乱れる感情を正し、その病を癒すために次のような事を考える事。

1.人は皆、善である
  なぜなら人は皆、善くなろうと思っている
2.ところが悪いのは(いじわる、妬み、怒り、嫉妬する、だます、その他の
  悪い心と行為の人)
  それは、人が悪いのでなく、社会が悪いのである。歴史が悪いのである。
  善い人間をそんなようにしてしまった環境(それには、世の中にあふれている
  様々な思想、真理らしい言葉も含む)が悪いのである。
  そういう社会悪をもって流れてきた歴史が悪いのであって、人そのものが
  悪いのではない。
  人は皆、善人である。
  ・・・と思うこと。それが正眼に構えた本当のあり方である。

その眼と心で人を見ると、感情が湧かなくなり、
清い感性で人を見、清くやわらかい、やさしい態度で人に接せられてくる。
これが本当の人間(己…おのれ)の形相である。
自然の本当の形相は、そのように乱れが少しもなく透明で、整いきっている。
例えば、すばらしい日本庭園などには、そうした人を感動させる力、形相の整いがある。
日本庭園は一言もしゃべらないが、人間を透明で詩的で神話的で、 そよ風のような世界に誘い込むものがある。

人は説教や理論をしゃべっている間はダメである。
……先ず自己の形相を整えて、知的や情感的な自分を追い払わねばならない。
……人は決して悪いのではなく、歴史や社会が悪いのであるという正眼を持てば、 無言で力があって、やさしい本来の人間が持つべき形相が現れてくる。

以上の1と2をしっかり理解すれば、毎日おだやかな日々がおくれてくる。
自分というものは、こんなにやさしく人に接することが出来る人間であったのかと 感動する事がある。
人の悪を見て、自分が感情的にその人を責めたり、 避けたりして来たのは何だったのかと、眼がさめたようになる。
自分の形相(心と形)の整いを驚きの眼で見れるようになる。
悠々と堂々と、晴れた気分で道を歩き、人と接せられるようになる。
そのよろこび。人生がそこから楽しくなってくる。