トップページ > エッセイタイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

救われる秘訣(1)


人間は先ず精神的に助かり、科学的に助かろうと思えば、下図を参考にして、 いっている方向を改めればよくなってくる。

 

そして人々は、物質宇宙を物理学的な方法で、確かにつかみ出せる物を奥深くさがして、 宇宙の根源にまで迫ろうとする。
その間すぐれた学者は、「詩人でなければ立派な学者になれず、単なる知的、感覚的かまえだけでは奥に入ってゆけない………」と、 詩情の世界がその奥にある性質であるととらえていた。
それを通り越すと真実なるものが見つかると………。

ところがその詩性の奥は神話性の世界がある、という事に気付かなかった………。
それに気付いたのが、イタリアのヴィーコという法律学者であった。
そのヴィーコは、詩と神話の二つの世界を通り越さないと真実な世界に行けない、と説いた。
それに影響されたのがドイツのヘルダーやゲーテであり、彼らは神話学派をそこに建設した。