トップページ > 寄稿文一覧へ > 前へ > 次へ >

内垣師の存在を近くに感じながら作られた追悼の詩
 ヴェーダーンタ・ソサイティ会長、ジム・松本光司

命の流れ

流れは 楽しそうにピチピチ跳ねる
キラキラ輝く不思議を生み出しながら
曲がりくねりながら
突進しながら
ウキウキしながら
ここに無限が隠れている

雪で濡れた石の山肌を
キラキラ輝かしながら

松かさぬける香りのそよ風が
永遠と続く緑の田に優しくなでる

母なる流れは
優しく赤子の流れを抱きしめる

メロディーと渦巻き
リズムと急流
そこには一本の流れというものはない
ただ一本の意識があるだけである
始まりもなければ 終わりもない

命の流れは
赤ん坊の地球を流れる
時として
遊び心の水しぶきは
時間をかけて 砂利を流し去る
普通の小石を
神聖な宇宙の元の構図に導きながら