トップページ > 詩タイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

人は勤務から勤務へ


人は勤務から 勤務へ移る
死ぬ時も 勤務から勤務へ
どんな勤務がまっているのか わからないけど
次の勤務が まっているのだ

会社員でも 定年が来ると 次の勤務に移るのだ
定年で淋しいとか 死がいやだとか そんな事はない
次の勤務がまっているのだ
栄転であろうと させんであろうと 何であろう とどうでもよい
・・・たとえ会社を 首になったとしても
勤務から勤務へ 移るだけのことだ
それがたとえば 子守であったとしても 立派な勤務なのだ
アメリカ勤務であろうと 日本勤務であろうと
それを しっかりやるだけの事だ
ほほえみが やってくる