トップページ > 詩タイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

おどっているではないか


皆が・・・あなたが おどっているではないか
それをあなたは 気付いていないのだ
あなたが・・・それ踊っている
あなたが・・・それ踊っている
記号と 透明との重なり その一点は 踊りの一点 神話の一点
笑いの一点 ワニの眼から 子供が生まれてくる 一点
ゲラゲラ笑って ほほえんで 天国のさけびを 上げている一点
それをあなたが 持っている
そこは神話のふるさと 神話そのもの おどりそのもの
笑いこける そのものの世界だ

あなたは あなたは そこで おどっている
そら そこで おどっている その重なりの一点で
それが あなたにもあるのだ すべてに あるのだ
すべてが 神話そのもの 笑いそのもの おどりそのもの
手拍子をうっている 手ばなしで おどけて
おどりが おどりが ワニの眼の中で クスクス ゲラゲラ
笑いこけている 私も あなたも