トップページ > 詩タイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

子供がいた


子供がいた
道端に咲く 一輪の野花をみつけた

子供はそれを じっと見つめた

やがて子供は その一輪の野花を
手折って
それを 大人に差し出した

大人は うれしげに
ありがとう といって
子供から
その一輪の野花を受けとった

しかし 子供の深くのぞき見た 宇宙を
受けとることが 出来なかった

子供はその野花の奥にある
神秘なる宇宙を
宇宙のささやきを 聞いていたのである