トップページ > 詩タイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

りんごの翼


羽のはえたリンゴが飛ぶ
その羽の上下運動は
幾何学の構図を描く

夢の構図 舞の構図は
やわらかく
人々の顔に触れて行く

人々は ふと気付く
その触れ合いによって
人々は はっとする

自己をよみがえらせる
忘れていた自己を

それは ソフトで舞いそのもの
夢そのもの

どこへ私を連れて行くの
どこまでも私はついて行きたい

そのひとふれに
一人が目覚め
涙を流す
流れてくる

時間も空間も舞っている
宇宙が
ぐるぐる廻る
優しい言葉を掛け合いながら
言葉は リンゴの翼