トップページ > 詩タイトル一覧へ > 前へ > 次へ >

羽毛の舞い


羽毛が飛んでいる
柔らかい羽毛が
何の抵抗もなく
柔らかく それは飛んでいる
透明な角度をもって
それは飛んでいる

そこにオチャメの線と角度がある
人間の知識の林を越えた
角度の向こうに そんなものがある
視線を そこに向けよ
ワシの翼の一線よ 飛べ

天上から舞い降りる白紙の舞い
柔らかく軽い羽毛の舞い
その躍動の中へ飛んで行け